シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ
シティライフ「エンターテインメント」 › シティライフインタビュー

2011年12月27日

【シティライフインタビュー】1月号 Skyさん

姉妹デュオ
Skyさん
(空さやか《右》・空まどか《左》さん)




空が青いこと、 雲が白いこと
命の奇跡を歌います


北摂出身の姉妹デュオ「S k y(スカイ)」が
1 年半ぶりにリリースしたC Dアルバム「花鳥風月」。
やわらかな旋律、飾らない詞の言葉、
そして何より美しいハーモニーが、
傷つき疲れた心に、しみ込んでくる。
死を覚悟するほどの妹の病を、2人で乗り越えて、
いま、命あることの奇跡と感謝を歌で伝えたいのだという。

病を乗り越えた姉妹デュオが
1年半ぶりにアルバムをリリース


―最新アルバム 「花鳥風月」 の
歌詞の一つひとつが胸にしみます

 
【さやか】私たちは、何よりメッセージを届けることを
大切にしていますので、言葉が分かるように、心を込めて歌っています。
日本語の美しさ、歌詞の持つ力を受け取っていただければうれしいですね。
メジャーデビューして2年近く経ちますが、1年半ぶりのアルバム発表…。
実はデビュー直後に妹のまどかに脳腫瘍が見つかり、
闘病生活を強いられました。
アルバムのタイトルにもなった「花鳥風月」という曲は、
まどかが病から生還し、東日本大震災が起きた後の昨年4月に完成。
生死を分けるような大病や大災害に遭うと、人は戸惑い落ち込みますが、
とにかく命を大切に、無理をしないで、健康で、笑顔で、心豊かでいてほしい、
そんな気持ちを込めて作りました。
【まどか】これまで作詞作曲は姉任せだったのですが、病気になってから、
不思議なことに詞の言葉が自然に降りてくるように。
「花鳥風月」のサビの部分〈♪空が青いこと。雲が白いこと。…〉は
腫瘍の手術を終え、まだ体が動かないとき、病室の窓から見た青い空から降ってきました。
ああ、生きている、当たり前のことが、こんなにもありがたくて奇跡なのだと。
アルバムはアコースティックな響きを大
切に作りました。病気を乗り越えて2人とも、価値観や歌への姿勢が変わったんです。
そんなところも感じてもらえれば。



奇跡のハーモニーは
こうして誕生した


―姉妹で歌手をめざしたきっかけはありますか?
【さやか】2人とも歌が大好きで、互いに口に出さなくても、
歌手になるという気がしていました。
【まどか】姉は赤ちゃんのとき、マドンナさんの英語の歌を耳で聴き覚えて
歌っていたそうです。私たちが本格的に歌を習い始めたきっかけは、
姉が私立中学の入試に合格したとき、母から「何かごほうびをあげる」と言われ、
「歌を習いたい」と姉。それを聞いて、関係のない私まで「私も習う!」と(笑)。
私は好奇心旺盛で何でもやりたがるけど、すぐに飽きて、何も続かない。
でも、歌だけはやめたいと思ったことが1度もありません。
【さやか】10代のはじめから、放課後に2人でボーカルスクールや音楽の専門学校に
通いましたから、歌以外に青春らしい思い出があまりないですね(笑)。
高1の頃、マライアキャリーの「ヒーロー」を聴いて号泣しました。
『ほんもの』のアーティストになると心に誓った日のことは忘れられません。



Newアルバムリリースライブ
ファイナルは2月大阪で開催


―姉妹喧嘩は?オフの過ごし方も教えてください
【さやか】お互いに自分にないものを持っているので、尊敬し合っています。
ですから議論はしますが、喧嘩はしたことがありません。
喉のことを考えると、オフはやはり空気がきれいな万博公園ですね!
【まどか】姉は料理が好きなインドア派。闘病中、健康的でおいしい料理を
たくさん作って支えてくれました。
私は逆に、手作りの筏で川下りをするとか、山に登るとか、がっつりアウトドア派なんです。
大阪マラソンも完走しましたよ!でも、ドラマを観て笑うツボは同じですね。
【さやか】Newアルバムリリースライブは、神戸からスタートして、東京、名古屋へ。
ファイナルは2月11日大阪で開催します。大切な方と、ぜひ、聴きに来てください!

〈取材を終えて〉 
Newアルバムリリースライブ(神戸)を聴きました。
会場にはソファや椅子が置かれ、ゆったりと奇跡のハーモニーを堪能。
苦難を乗り越えた人が持つ温もりに包まれ、心から癒されました。ぜひ、皆さんも!


文/渡部せつ子 写真/岸隆子
取材協力/GREEN HOUSE Aqua(神戸・三ノ宮)

【Profile】
2004年結成。ストリートやライブハウスなどで活動を始め、
’08年「積み木/忘れもの」でデビュー。’10年4月、シングル「夢ひとつ
̶2010Special̶」でメジャーデビューを果たす(同曲は石川遼選手
出演のCMに起用)。
姉の空さやか(そら・さやか)さんは、広い音域を持つ澄んだ歌声で、
妹の空まどか(そら・まどか)さんは、明るくパワフルな歌声が特徴。
実の姉妹ならではの美しいハーモニーは「奇跡のハーモニー」との評価も。
11年12月、ライブ会場限定アルバム「花鳥風月」をリリース、ライブツアー開催中。
http://www.sky-simai.com/


Newアルバム・リリースライブin大阪ファイナル!
日程:2012年2月11日(土)
時間:開場19:30/スタート20:00
会場:Xing GARDEN
住所:大阪市中央区北浜東1-2 川の駅はちけんやB1
チケット:3000円
定員:80名(公式ホームページで先着順受付)
※12月27日(火)より予約受付開始
「大切な人に贈ろう!」プロジェクトスタート!
「花鳥風月」を2枚同時購入した方には、“リリースワンマンツアー限定
ポストカード”をプレゼント中。「花鳥風月」全8曲入り(税込2,000円)

  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 00:00シティライフインタビュー

2011年11月29日

【シティライフインタビュー】12月号 上田正樹さん

R&B・ソウルシンガー、ソングライター

上田 正樹さん



いまこそ「音楽」が
先頭に立つときだ


♪閉ざされた心に明かりが灯るまで
… 天に向かって歌おう!
( 上田正樹作詞作曲「今ある気持ち」)
あの巨大地震の被災地で紡がれた
心の叫びがそのまま歌になり、人々に
困難から立ち上がる勇気を与えている。
12月24日には大阪でチャリティーライブ開催!
震災の影響で関西に避難されている方々をこの
イベントに招待されるそうだ。


♪天に向かって歌おう!
被災地を支える「音楽の力」


―『今ある気持ち』誕生秘話から
お聞かせください

 僕は以前から韓国の国民的歌手キム・ドヒャンさんと
一緒に仕事をしているんですが、彼との縁を取り持ってくれた人
が気仙沼市のNPO法人「森は海の恋人」(畠山重篤代表)にも
関わっていて、漁師の畠山さんと僕を引き合わせて何かやろう
という話が震災前から進んでいたんです。
”森は海の恋人“ の運動は、昭和40年頃から気仙沼湾が赤潮に汚染され、
名産のカキやホタテが食べられなくなった、そこから始まった環境運動。
原因が汚れた排水だけでなく、上流の森林の養分が海に流れ込まなくなったからだと分かる
と、畠山さんらはこの20年余、森への植林と川の流域の子どもたち1万人の
環境教育を実践。再びおいしいカキが採れるようになった矢先に震災に見舞われ、
畠山さんは母親と養殖場を津波に奪われた。
僕は震災から1ヵ月半経って、ようやく被災地で畠山さんに会えたんですが、初対面
なのに話は尽きなくて。そして分かったのは、この大災害の中、僕には歌うことしかできない
ということ。「養殖場を必ず再生させる」と奮起する畠山さんと「歌う」僕と”男の約束“ をして、
ホタテの貝殻を見つめて書き上げたのが『今ある気持ち』です。


気仙沼でNPO法人「森は海の恋人」の畠山さんと話す上田さん。


800人の児童生徒の大合唱で
完成したCD『今ある気持ち』


―♪愛する人と手をつなごう…
熱いメッセージが胸にしみます

 いま、震災と津波の悲劇から日本はどこへ向かうのか、
失った精神の支柱を、どう再構築してゆくのか。大変な作業が始まりますが、
僕は、その羅針盤になるべきは音楽だと思っています。
例えば、15年位前にアフリカの奴隷の収容所に行ったとき、アフリカの人はなん
て素晴らしいんだろうと感激しました。なぜなら力でやり返す社会で、彼らは
名前も家族も故郷も奪われ働かされたのに、その怒りを暴力ではなく、
世界中の人を魅了する音楽「ブルース」に変えたんですから。
もう、国も言葉も被災地とそうでない地域も音楽でボーダーレスにしよう…
そんな思いで書いた『今ある気持ち』。1番を僕が歌い、2番をキム・ドヒャン
がハングルで歌い、3番を英語で歌うCDを作り、ライブでも歌っていたら、
みんなの間にどんどん広がり”10000の瞳“Activityプロジェクトに発展。
これは被災地の石巻市立稲井小学校と僕の出身校の岐阜県高山市立松倉中学校の
児童生徒が『今ある気持ち』を合唱して収録、CD化し、その売り上げを全て
被災地へ贈ろうという活動。それにしても子どもの力はスゴイ。
CDは最高の出来栄えですよ。



音楽を羅針盤に活動して40余年
大阪でチャリティーコンサート開催


―上田さんご自身、音楽との出会いで
人生が変わったとか

 実は僕の父親は京大医学部卒で、17歳までの僕は、父親を乗り越える
には東大医学部に入るしかないと思い込み、進学校で猛勉強していたんです。
そんなある日、友人から名古屋のライブに誘われて一緒に行き、衝撃を受けた。
その日から進路はミュージシャンに変わり、髪を伸ばし、ギターに熱中…
風呂屋に行くと家族に言い残して家出。以来40数年のミュージシャン生活です。
いま62歳。チャリティー活動は、始めたら死ぬまで続けなければ意味がない。
小さな活動の点が線でつながり、絆が結ばれてゆくように一生歌
い続ける覚悟です。クリスマスイブの大阪梅田のチャリティーコンサートは食事付きの
気軽なライブ。また売り上げの一部で宮城県の小学校に電子ピアノを贈ります。
皆さんと間近で一緒に盛り上がれるのを楽しみにしています!


〈取材を終えて〉 
上田さんはタイの児童施設に楽器を贈り続けたり、
日本の小学校を回り「ウィ・アー・ザ・ワールド」
(アフリカ貧困の子ども支援)のボランティア活動をおこなったり…
情熱と信念のカッコいい団塊世代代表です。スマートで渋くて本当にステキ!


文/渡部せつ子 撮影/比嘉研一郎

【Profile】
うえだ・まさき 1949年京都市生まれ。
1974年“上田正樹とサウストゥサウス”を結成、当時のバンドブームの頂点に
立つ。その後ソロとなり、1983年『悲しい色やね』がシングル
チャート1位。ソウルフルなボーカルは海外でも高い評価を
得、レイ・チャールズやB.B.キングなど数々の大物ミュージシ
ャンと共演。1999年には、日本文化解禁前の韓国でアルバム
デビューを果たして大成功を収める。続いてインドネシア、マレーシアでもヒットチャート
1位を獲得、アジアで3000万枚のアルバムをセールした実績を持つ。
また長年、子どもをキーワードにしたチャリティー活動にも取り組んでいる。
東日本大震災では新曲『今ある気持ち』が話題に。  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 00:00シティライフインタビュー

2011年11月01日

【シティライフインタビュー】11月号 松尾貴史さん

俳優・放送タレント
松尾 貴史さん



幅広く、浅く、
何でも挑戦したい。


最近、テレビを観ていて、
この人を見ない日はないくらいだ。
あるときはコメンテーター、あるときは
大河ドラマや連続テレビ小説の俳優、また、
ものまねタレント、落語家、折り顔作家… 。
幅広い活躍の裏に強烈な個性が見て取れる。
1 1月2 6・2 7日には、大阪で舞台俳優として
「江戸の青空 弐」に出演する。
芸術の秋、あなたも出かけてみませんか?


江戸落語をベースに構成した
抱腹絶倒の新感覚時代劇


―「江戸の青空 弐」の見所からお聞かせください
 前作は’09年、古典落語の登場人物やストーリー
を組み合わせて面白おかしく人間の物欲を描きました。
今回は、江戸落語の世界観の中で純愛を綴っていこう
という作品で、ひとことで言えば、笑いと涙のドタバタ
ラブコメディー。カラッと気分が前向きにな
りますので、ぜひ、ご来場を!
 見所の一つは前作よりストーリー性を重視した点です。
落語通の方には「あの落語がベースやな」といった楽しみ方も
できますし、落語をご存じない方も、オリジナルのストーリー展開で
大いに笑えます。また、主役に若手歌舞伎俳優の坂東巳之助さん
を迎え、江戸の色恋を艶やかに表現するところも必見。
僕は全体の構成に関わりつつ、俳優として、大旦那、泥棒など
3つ4つの役を演じ分けます。実は、僕は日常的にも、他人のキャラと
自在に入れ替わる”症状“がありまして、その変化もお楽しみください(笑)。


モットーは「呼ばれたら、やる」
芸大で磨かれた好奇心と表現


―実際に俳優、司会者、コラムニスト…
多彩なキャラが際立っています

 子どもの頃は怪獣映画の監督になりたかったんですが、
いつの間にかグラフィックデザイナーを目指すようになり、
大阪芸大のデザイン学科へ。入学後は映像学科や舞台芸術学科
という強烈なキャラの先生や先輩のいる学科に紛れ込んで、
後をついて回っていました。結局、表現することは、
何かのスタイルを借りて、自分を表すことなんです。
映画、舞台、ポスターなど様々なスタイルがありますが、
その人が表現しようとするスタイル以外のことに、どれだけたくさん
触れたり関わったりしたかが、表現の深みや面白みになると思う。
だからというわけではないんですが、僕は20代のデビュー当初から、
依頼された仕事で「ジャンルが違うから無理」という断り方はしたことがない。
「あれこれ手を出すな」という人もいますが、僕から手は出さない。
呼ばれたら「ハイ、喜んで」と引き受ける。たいていのことは、やって失敗しても
人に損害を与えるわけではないし、案外うまくいくものです。
日本では「この道ひとすじ」が尊敬されがちですが、僕は逆に自分を
限定しないで、「幅広く、浅く」可能性を広げたい。



神戸の祭りが大好きな
何事にも縛られない自由人


―最近はTVコメンテーターとしてもご活躍です。
今後の目標や地元・神戸のお気に入りスポットは?

 ネクタイを締めて司会者のそばに座っていると評論家みたいに言われますが、
僕は評論家ではなくて、あくまでも居酒屋で、皆でテレビを観ながら感想を
言い合っている立場です。今後の目標ですか?考えていませんね。
何年後、自分はこうあるべきみたいな、自分を縛るような生き方はしたくないし、
僕の座右の銘は「不謹慎・無意味・中途半端」ですから(笑)。
神戸で好きな場所はたくさんあります。生田神社のそばで生まれ育ち、
境内は大好きな遊び場。フラワーロードや花時計、おしゃれなレストラン…
挙げればキリがないですね。神戸カーニバルや神戸みなとまつりもよかった。
神戸の祭りは、サンバのパレードや花電車があり、手作りのワークショップが
あり、参加するのが楽しかった。いまでも思い出すとワクワクします。



〈取材を終えて〉 
真剣な表情で「僕の話の6割は嘘ですからご注意を」
とご本人。でも、その多才ぶりに嘘はありません。
例えば「折り顔」という独自のジャンル。
折り紙で似顔絵を折った作品は素晴らしく個展も開かれています。


文/渡部せつ子 写真/岸隆子

【Profile】
まつお・たかし 1960年神戸市生まれ。大阪芸術大学芸術学部
デザイン学科卒業。同大学に勤務するかたわら、北新地でDJやスプーン曲げ
のショーに出演しているところをスカウトされ、芸能界入り。別芸名はキッチュ。
劇作家の依田義賢氏、笑殺軍団リリパット・アーミーの中島らも氏、
俳優の原田芳雄氏(いずれも故人)らに薫陶を受ける。
痛烈なパロディー精神による物まねが人気となり、テレビ、ラジオ、
舞台、映画、超常現象の批評など幅広く活躍中。
「モーニングバード!」「情報ライブミヤネ屋」など情報番組でも大人気。
「ネタになる『統計データ』」など著書多数。

【公演情報】
北九州芸術劇場Produce
「江戸の青空 弐」
~惚れた晴れたの八百八町~
大阪公演
■2011年11月26日(土)・27日(日)
■イオン化粧品シアターBRAVA!
■料金:6,800円(全席指定・税込み)
※未就学児入場不可
問合せ:梅田芸術劇場 TEL.06-6377-3888 
http://www.umegei.com
チケット:梅田芸術劇場オンラインチケット http://pia.jp/koume
イオン化粧品 シアターBRAVA! 劇場窓口(11:00~18:00)、
チケットぴあ、ローソンチケットなどで発売中
  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 00:00シティライフインタビュー

2011年09月29日

【シティライフインタビュー】10月号 笑い飯さん

漫才コンビ
「笑い飯」
西田さん・哲夫さん


Wボケが冴え渡る笑い飯
さらなる笑いの新境地へ


昨年末、念願のM-1優勝を果たした笑い飯。
伝家の宝刀「Wボケ」を駆使して、その活躍ぶりは留まるところを知らない。
満を持して発売される2本のDVDでは、
抱腹絶倒まちがいなしの漫才に加え、
新境地の笑いが繰り広げられる。
漫才界に革命を起こした「笑い飯」のお茶の間には届かない雄姿を収めた
新たな革命の幕開けを目撃せよ。


念願のM-1制覇を成し遂げた
笑いの革命児のルーツに迫る


―まずは昨年のM-1グランプリ優勝、おめでとうございます。
これまでの道のりについてお聞かせください

【哲夫】ありがとうございます。M-1ラストイヤーということもあって、
最後を有終の美で飾れてよかったです。仕事もたくさんもらえるようになって。
正直、賞金も嬉しかったです。車検や家のテレビを地デジ化したり(笑)。
【西田】優勝できて本当にホッとしました。
僕は大きな買い物はしてませんけど。実家にちょこっと送ったりしたぐらいで。
【哲夫】元々はお互い別々でコンビを組んでたんです。二人ともボケ担当で。
その頃からみんなで遊んだりはしてたんですけど。
【西田】そうこうしてたらほぼ同時期にお互いのコンビが解散したので一度組んでみる?ってことになって。それから吉本のオーディションとか二人で受け始めて、合格が共通の目標になって。
試行錯誤を繰り返していく内にしっくりと形になってきました。
【哲夫】最終的には僕のほうから飲みに誘ってコンビ結成の話をしました。
幼い頃からお笑いが好きで、ずっとやりたいという思いは心の底にあって、
それこそ人に言うのが恥ずかしいくらい好きで。
おもしろいことを言いたいのに我慢してた時期もあったぐらい。
関西学院大学時代には、お笑いサークルを作ろうとしたけれど、一人も集まりませんでした(笑)。


オリジナルDVD2ヶ月連続リリース
第一弾『ご飯』はいわばネタの幕の内弁当!?


―二人のネタが詰まった初となるDVDがいよいよ発売されますね
【西田】M-1も終わって優勝もできて、このタイミングで漫才を1本にまとめたいと思いまして。
【哲夫】やっぱり今DVDを出すのが一番売れるでしょ(笑)。
漫才を集めたDVD『ご飯』には、たくさんある“ええのん“から8本を収録してます。
ベスト8を選抜したんじゃなく、全体のバラエティを考えて厳選した漫才。
それに加えて初の単独ライブでやった30分漫才も特典映像として付けました。
番組はもちろん、劇場でも30分のネタをやっている笑い飯は見られません。
いい意味で遊んでいる漫才を見てもらえたらええなぁ。
【西田】僕たちはある意味遊びながらネタ合わせをするんです。基本的には哲夫が設定を考えて、それに合わせて実際に二人でしゃべりだして、アドリブでやってみるっていう感じで。
【哲夫】自分のボケは自分がやる、ボケは一回交代みたいな暗黙のルールがコンビを組んだ当時からありましたね。
【西田】ボケの回数やきっかけを工夫して単調にならないように、リズムをつけていきます。
 『ご飯』にはM-1でやっていないネタや、
時間制限なくのびのびやっているネタを収録しているので、
ネタ作りの場でのアドリブをフルに生かしたライブ感に注目してもらいたいですね。


笑い「飯」から「パン」へ変貌を遂げ
二人の物語はまだまだ続きます


―漫才を集めた『ご飯』。では『パン』とは?
【哲夫】新しく撮りおろした映像ネタを収録したのが『パン』。
ロケ撮影とか、CGを使った「2112年の鳥人」とか、舞台での漫才ではできないことをやりました。
これはほんまにおもしろい体験でした。
自分でやってて笑ったらあかんところで笑ってしまったことも多々あって。
【西田】単発のコントを集めたんじゃなくて、全部の映像がひとつの世界観で繋がっているのもポイントです。今までやりたくてもやらせてもらえなかった笑いを実現できました。
【哲夫】なんでこんなんで笑ってしまうんやろ、悔しいわ…みたいに思っていただけたら感無量。
今後もどんどん新しい笑いに挑戦していきますよ。『ご飯』、『パン』ときて、
次は…『麺』でしょうか(笑)。
【西田】今の夢は、『パン』で挑戦したような新しい笑いを取り入れた新機軸のお笑い番組を自分たちでやることですね。

〈取材を終えて〉 
舞台出演後のインタビュー。
哲夫さんは声がかすれ気味で、毎回全力で漫才をしているのだなと実感。
真摯に受け答えする西田さんは、カメラを向ければ一瞬にして芸人顔に変身。
芸の世界に生きる男の格好よさにしびれました。


文/中井 新 写真/幸田太郎

●にしだ(西田/左)1974年5月生まれ、奈良県出身。無精ひげに長髪がトレードマーク 
●てつお(哲夫/右)1974年12月生まれ、奈良県出身。
 西宮の関西学院大学にて学生時代を過ごす
●お互い違う相方と組んでいたコンビ解散後に結成し、二人ともボケ担当だったことから
独自のスタイルを確立。交互にボケとツッコミが入れ替わる「Wボケ」が二人の専売特許。
「M-1グランプリ2002」で決勝に進み、一躍人気芸人に。
以後、9年連続決勝出場を経て「M-1グランプリ2010」では念願の優勝を飾る。
現在、舞台やテレビなど多方面で活躍中。



■笑い飯「ご飯」~漫才コンプリート~
好評発売中(9月14日発売)
価格:3990円
収録時間:本編108分+特典映像30分
■笑い飯「パン」~笑いの新境地~
発売日:10月12日
価格:3990円
収録時間:本編75分+特典映像29分
[タイトルイラストレーション]浦沢直樹  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 22:30シティライフインタビュー

2011年09月01日

【シティライフインタビュー】9月号 石野真子さん

女優・歌手・アーティスト
石野 真子さん



いま、演じることが
楽しくて仕方ないんです


昨年夏、大阪のマンションで起きた
若い母親の育児放棄による2児餓死事件は、
孤立を深める日本社会に衝撃を与えた。
全国の児童相談所に通報・相談され、
対応した児童虐待は55,152件(2010年度)。
毎年、数十人が幼い命を落とす̶̶。
9月16日放映のドラマ『やさしい花』は、
児童虐待に真正面から向き合う話題作。
主役を演じる石野真子さんに思いを聞いた。


児童虐待に走った主婦を熱演
16日放映のドラマ『やさしい花』


―『やさしい花』(NHK総合/関西)の
内容や見どころは?

 昨年7月、大阪市西区のマンションで、3歳と1歳
の幼児が若い母親に放置されて亡くなった事件
には大変なショックを受けました。このドラマは、
あの悲惨な事件をモチーフに、映画監督・脚本家で、
幼いお子さんを持つ安田真奈さんが書かれた作品です。
私の役どころは20年前、育児のストレスから当時3歳
だった娘の虐待に走り「このままでは殺してしまう」と
自ら児童相談所に相談。娘を3年間施設に預けて、
崩れた自分を立て直したという過去を持つ主婦です。
同じマンションの下の階に越してきた若い母親が幼い
息子を虐待しているのに気づき、自分もトラウマを引きずりなが
ら、夫やかつて虐待した娘ともう一度向き合い、
その若い母親に救いの手を差し伸べようと一歩を
踏み出すストーリーです。ヘビーな内容ですが、
人間の根底にあるやさしさや力強さも表現された
素晴らしいドラマ。一人でも多くの皆さんに観てい
ただき、虐待問題の理解のきっかけにしてもらえ
ればうれしいですね。

誰かが見守ってくれている
助け合いのある社会を創ろう


―実際に主人公を演じて、
児童虐待についてどうお考えになりましたか

 核家族化・都市化により地域のつながりが薄れ
て久しいわけですが、人は決して一人では生きて
ゆけないことを改めて実感しました。夫も家族も
頼れない状況で孤立してゆく母と子。近所で他愛
ない世間話すらできない現代社会にあって、誰に
も相談できず、完璧な母親になろうとして、逆に
虐待がエスカレートしてゆく…。事件になるのは
氷山の一角で、その裾野には、しつけと称して叩
いてしまうとか、生活に疲れて子どもに当たる、
暴言で幼い心を傷つけるなど、たくさんの苦しい
状況の親子・家族があります。虐待とは他人事で
はなく、いつ誰が当事者になってもおかしくな
い。だからこそ気づいたら勇気を出して声をか
ける、おせっかいな隣人になる、見守る、支える
…そういう助け合いのある社会にしなければと
痛感しました。ドラマで印象的なのは、子どもは
お母さんが大好きだということ。自分を虐待する
母親にヒメジョオンの花を摘んでくる男の子と、
その「やさしい花」に込められた温かいメッセージ
に、きっと心動かされるはずです。



芦屋市出身のトップアイドルから
心の機微を演じ分ける本格女優へ


―最後に、ふるさと芦屋市の思い出や
今後の目標などをお聞かせください

  芦屋といえば、芦屋川の桜を思い出します。高
校の帰り道によく遊んだものです。また、海に近い
伊勢町に住んでいたので、妹たちのお守りも兼
ねて、釣堀によく行きました。祖母の家が姫路の
山の中にあったので、カブトムシを採りに行った
り、木登りをしたり、お転婆で活発な野生児でし
たね(笑)。小さい頃から歌が大好きで、歌謡学院
に通わせてもらい、「スター誕生!」に合格。高校
2年で東京に行きましたから、ふるさとを離れて
30数年になるのに、不思議なことに新幹線で名古
屋から西に入ると、空気で分かるんですよ。田ん
ぼも、山の形も、あっ、西のものだと。
 童顔風の「まこちゃん」でデビューしてから、見た
目と年齢と人生経験がやっと一致してきて、いま、演
じることや歌うこと、表現することが楽しくて仕方ないんです。
私の場合、特別な目標があるわけじゃなく、みんなで一つのも
のを創ってゆく、その結果がお仕事になっていると
いうのがベストですね。

〈取材を終えて〉 
自分の言葉でていねいに真摯に答えてくださる石野さん。
若くて美しくて本当に素敵です。実は『やさしい花』脚本の
安田さんも、夫役の西川さんも、若い母親役の谷村さんも、
シティライフインタビュー登場者。これは観なくちゃ!


文/渡部せつ子 写真/岸隆子

●いしの・まこ 兵庫県神崎郡に生まれ、芦屋市で育つ。77年日本
テレビのオーディション番組「スター誕生!」に合格。78年「狼なんか
怖くない」でビクターからデビュー。その年の日本歌謡大賞・放送音
楽新人賞、日本レコード大賞・新人賞、ゴールデンアロー賞・新人賞
など各音楽祭の新人賞を総なめにして、アイドル歌手としての地位を確立。
83年からは女優としての活動をスタート、ドラマや映画、舞台で活躍する。近年
は多才なアーティストとして、芝居と音楽をステージ上で融合させる試みやコ
ンサート活動でも注目を浴びる。



 石野真子さん主演!
NHKかんさい特集 ドラマ『やさしい花』

9月16日(金)20:00~20:45
[NHK総合(本放送/関西地区のみ)]
9月17日(土)10:05~10:50[NHK総合(再放送)]
脚本/安田真奈
出演/石野真子、谷村美月、西川忠志ほか
※「やさしい花」秋にも全国放送予定
●9月24日(土)21:00~22:13には児童虐待問題を
考えるトークドキュメンタリー番組
『もしも明日…我が子に虐待を始めたら(仮)』
(NHK総合)を放送予定。石野さんも出演。
詳細はNHK大阪放送局「子どもを守れ!」キャンペーン
http://www.nhk.or.jp/osaka/kodomo/


▲NHK大阪放送局で開かれた会見にて。石野真子さん(左)、谷村美月さん(右)

  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 00:00シティライフインタビュー