シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ

2011年06月30日

【シティライフインタビュー】7月号 

指揮者・クラリネット奏者 
朝比奈 千足さん





いまこそ音楽の力が
求められている



「神戸フィルハーモニック」は、
神戸市民のための市民による本格的な
オーケストラとして3 1 年前に誕生した。
今月2日の第6 2 回定期演奏会では冒頭、
チャイコフスキーの「祈り」を演奏する。
東日本の被災地の心を誰よりも知る
神戸で被災したオーケストラの思い― 。
タクトを振るのはもちろん、神戸フィルを
育ててきた指揮者の朝比奈千足さんだ。




誰もがクラシックを楽しめるように
市民による市民のオーケストラを


―まず神戸フィル
創設の経緯から

 私が音楽を学んだドイツでは、どんなに小さなま
ちにも必ずオーケストラがあり、コンサートを開け
ば、どこも満席になるんです。神戸育ちの神戸人と
しては、いつかそういう本格的で、親しみやすいオー
ケストラを地元に創りたいと願うようになりました。ちょう
ど文化都市・神戸に注目が集まり出した頃で、市と折衝を重
ね79年6月、神戸フィルハーモニックとして設立。翌年1月、
華々しいデビューを飾りました。アマチュア楽団ですがプロ奏
者も多く参加し、音大卒業生やOL、中には
元プロの女性が赤ちゃん連れで入団するなど温かい雰囲気が
特徴で、好評をいただきました。年2回の定期演奏会に加え、他市
の文化ホールや学校などからも公演依頼が来て、プ
ロ並の忙しさ。でも、景気が悪くなると真っ先に予
算が削られるのが文化団体の宿命で、そんな矢先に
神戸の大震災があり…振り返れば31年間、イバラの
道でしたが、皆さんの応援と団員の情熱で、ここまで
来ることができました。


「響きが祈りに…」東日本に心寄せ
7月2日第62回定期演奏会を開催

―62回目の定期
演奏会のテーマは?

 
 東日本に巨大地震が起こり、われわれ震災を
経験したオーケストラとして何ができるのか、団
員と一生懸命考えました。中には「音楽をや
っている場合ではない」と悩む団員もいまし
たが結局、私たちがいつもどおり演奏するこ
とで、被災地に心を寄せようという結論に。
プログラムの冒頭に急きょ、チャイコフスキーの「祈り」を加え、
前半はフランス音楽を、後半はチャイコフスキー
の交響曲第5番を演奏(プログラム参照)。一人で
も多くの皆さんと被災地に祈りを捧げたいと思っ
ています。さて、クラシックコンサートというと堅
苦しく、つまらないと思っていませんか?  神戸フ
ィルの演奏は、どなたにも気軽に楽しんでいただく
のがモットーで、地元の皆さんが、いま聴きたい曲
を分かりやすく、そして癒しと元気を込めて演奏
しています。私が漫談調に曲の解説をしたり、団
員のエピソードを紹介したりしますから、初めて
の方も「面白かった」という感想が多いんです。料
金も低く設定していますので、ぜひどうぞ!




父・朝比奈隆の「中途半端はダメだ」
ドイツ留学で追求した音楽の真髄


―偉大なお父さんと
同じ道を歩んで来られて…

 私は、父の華やかさとともに苦労も間近に見てい
ましたから、音楽のプロになるつもりはなかったん
です。神戸高校から何気なく慶大に入学。日本一
の伝統を誇る「ワグネル・ソサィエティーオーケス
トラ」に誘われ、私の大学生活はたちまちオーケス
トラ一色に。舞台に上がれることは稀で、夜中まで
楽器を運んだり、会場の準備をしたり、仲間と裏
方生活に没頭。商社に就職が決まり、会社に挨拶
に行った帰り道に「私は音楽の世界から絶対に離
れられない」と気づいた。卒業前にぐずぐず悩んで
いると、おやじに問い質され、初めて「音楽を続けた
い」と打ち明けたんです。すると中途半端が嫌いな
おやじは「だったら音楽で飯が食えるようにドイツ
で勉強して来い!」。5年後にクラリネット独奏者
になって帰国しましたが、三つ子の魂百までと言う
のか、オーケストラという空気の中で育った私は、
何十人もの団員を掌握し、カリスマ性で暗示にか
けて一つの音楽をつくっていく指揮者の醍醐味にハ
マってしまった。再びドイツに渡り、今度は指揮者
修業です。遠回りをしましたが、私は私の方法で、
まちの隅々まで音楽の力を届ける仕事を続けてい
きたいと思っています。

〈取材を終えて〉 ご存じ故朝比奈隆氏は93歳まで大阪フ
ィルでタクトを振った巨匠で文化勲章受章者。練習室では
千足氏がタクトを持つと周囲の空気がキリッと一変…、在り
し日の隆氏そっくり。迫力いっぱいの演奏、素敵でした!


文/渡部せつ子 写真/岸隆子

【Profile】
あさひな・ちたる 1943年指揮者の故朝比奈隆氏の長男として
生まれる。66年慶應義塾大学卒業と同時に当時の西ドイツに留
学。71年ベルリン音楽大学(現ベルリン芸術大学)卒業。クラリネ
ット独奏者として演奏活動を展開。73年から指揮の分野にも活動
範囲を広げ77年再び渡独。78年、当時の東ドイツ国立ズール交
響楽団を指揮し、指揮者デビューを果たす。91年には豪州クイーンズランドフィ
ルの専任指揮者に就任。ラジオのDJやコンサートの企画・演出・司会など、指揮
者の枠を超えた音楽人としてマルチに活躍中。現在、神戸フィルハーモニック
音楽監督兼常任指揮者などを務める。



「響きが祈りに…
 ~東日本大震災に寄せて~」


日 時:2011年7月2日(土)午後4時開演
会 場:神戸文化ホール 大ホール
曲 目:ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
 ベルリオーズ「ローマの謝肉祭」
 チャイコフスキー「交響曲第5番」
指 揮:朝比奈千足
入場料:一般2,500円(当日3,000円)
高校生以下1,000円(当日1,000円)
※前売り券の購入は下記ホームページ
 または、チケットぴあ
問合せ:事務局 TEL.078-362-0024(神戸文化ホール内)
http://www.kobephilharmonic.jp/
  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 19:51シティライフインタビュー

2011年06月30日

【Monthly Push Up!】高畑充希さん

face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!


「新しいピーターパンに
会いにきてくださいね」


女優・歌手
高畑充希さん

―1981年の初演から30年以上愛され続ける、ミュージカル『ピーターパン』。
8代目ピーターパンを演じる、高畑充希さんにお話を伺った。―


 ネバーランドに住む永遠の少年が織りな
す、夢と冒険のファンタジー―『ピーターパン』
は、誰もが一度は読んだであろう、世界的に有
名なおとぎ話のひとつ。日本でもミュージカル
として公演され、世代を超え多くの人々に愛
され続けるロングランヒットとなっている。
8代目ピーターパンを演じるのは、TVドラマ『Q10』
や映画、歌手としても活躍中の高畑さん。
今年で5年連続の主演だが、「これまでとは違う、
新しい舞台になるはず」と話してくれた。
今回演出を手掛けるのは、注目の若手女性演出
家・桑原裕子さん。衣装も舞台セットも一新し、
新演出の『ピーターパン』が幕を開ける。
 現在19歳の高畑さんが、初めてピーターパン
を演じたのは15歳の時。「最初に感じていた
ことや役の捉え方が、私自身が成長していく
中で少しずつ変わっていった。何度演じても新し
い発見があって、毎回新鮮な気持ちで臨んでい
ます」と話す。
 
 そんな高畑さんが毎回楽しみにしているの
が、客席から飛んでくる子どもたちの声。「フッ
ク船長と戦うシーンで『ピーターパン負ける
な』『頑張れ』と応援されると、本当に嬉しいで
すね」と、思わず笑顔がこぼれる。心に残る空
飛ぶシーンやメロディー、迫力満点のアクショ
ン、躍動感あふれるダンス、そして人の心を描
く情感豊かなストーリー……世代を問わず楽
しめる舞台。夏休みの思い出に、ぜひ家族で足
を運んでみて欲しい。


文/山下満子 写真/岸隆子

【Profile】
1991年12月14日、大阪府生まれ。05年にミュージカル
でデビュー以来、舞台をはじめTVドラマ『3年B組金八先
生』『Q 1 0 』、映画『書道ガールズ』に出演。幅広い
分野で活躍。0 7 年に8 代目・ピーターパンとして主演し
ているほか、「みつき」名義で歌手デビューも果たす。


マイク編集部voiceマイク
大きな瞳がめっちゃキュート!
気さくな関西弁と自然な笑顔に
思わず癒されてしまいました。

【公演情報】
NTTドコモファンタジースペシャル
ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」


■出演:高畑充希(ピーターパン)、神田沙也加(ウェンディ)、
 橋本じゅん(フック船長)ほか
■原作:ジェームズ・M・バリ ■演出・潤色:桑原裕子
■公演:8月20日(土)15時半 21日(日)11時・15時半
■場所:兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
 (阪急西宮北口より南へ徒歩2分)
■チケット:S席7,000円 A席4,000円 B席3,000円(全席指定・税込)
 ※3歳以上有料(3歳未満膝上無料、
 ただし席が必要な場合は有料)
■問合せ:梅田芸術劇場
 TEL.06-6377-3888 http://www.umegei.com/  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 19:34Monthly Push Up!~マンスリー プッシュアップ!~

2011年06月02日

2011年06月01日

【Monthly Push Up!】武田真治さん

face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!


「残酷なのにどこかコミカル
不思議な世界に惹きこまれるはず」


俳優 
武田真治さん

―2007年SOLD OUTに応え、4年ぶりの再演が決定したブロードウェイミュージカル『スウィーニー・トッド』。
「トバイアス」役を再演される武田真治さんにお話を伺った―


 演出・宮本亜門、主演・市村正親、大竹しの
ぶという、日本舞台界のビッグネームが再び顔を合わせる夢の企画が、6
月に実現する。『スウィーニー・トッド』と言え
ば、監督ティム・バートン監、主演ジョニー・デップ
で映画化され、数々の賞を受賞したことも記憶
に新しい。18世紀末のロンドンに実在したと言わ
れる理髪師の哀しい復讐劇を、宮本氏が深い解
釈と独特の演出によって表現。映画とは異な
る、魅惑的な世界観を描き出している。
 
 武田さん演じる「トバイアス」は、物語の重要
な鍵を握る人物の一人で、大竹さん演じる「ラ
ヴェット夫人」を慕う役どころ。「映画では純粋
無垢な存在として少年(トビー)という設定です
が、宮本作品では少し頭の弱い純真な青年です。
そのことが、作品が持つ人間の情や哀しみをより
深いものにしていると思います」と語る。武田さん
にとっても再演となる今回の公演だが、「新しいト
バイアスを探求したい」とのこと。「4年間の中で
培った、僕自身の技術的な成長や表現の幅をこ
の役に活かせれば…」と、意気込みも十分。音楽
的に高い技術が求められる同作だが、「だからこ
そ面白く、大人が楽しめるミュージカルになってい
ます」と語る。グロテスクで陰惨なストーリーを絶妙
なブラック・ユーモアで展開し、役者一人ひとり
のほとばしる狂気と情熱が、観客の心をつかん
で離さない。わずか20m四方の舞台空間の向こ
うに広がる18世紀のロンドンの街を、ぜひあなた
も体感して欲しい。

文/山下満子 写真/岸隆子

【Profile】
1972年12月18日生まれ。北海道出身。89年ジュノン・スー
パーボーイ・コンテンストで受賞し、翌年俳優デビュー。92年の
ドラマ「NIGHT HEAD」をはじめ、映画「7人のおたく」「大い
なる幻影」「御法度」など、数々の話題作に出演。近年では舞
台での活躍のほか、主演作「今日からヒットマン」の主題曲
を作曲・演奏するなど、幅広い分野で才覚を発揮している。

マイク編集部voiceマイク
言葉を丁寧に選びながら語る武田さん。
お土産にきんつばをくださるなど、優しくて
楽しい方でした。

【公演情報】
ブロードウェイミュージカル「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」
■演出・振付:宮本亜門 ■作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム
■脚本:ヒュー・ホィーラー ■出演:市村正親 大竹しのぶ/キムラ緑子/ソニン
 田代万里生/安崎求 斉藤暁/武田真治 
■公演:6月9日(木)~6月12日(日)
■場所:イオン化粧品 シアターBRAVA!(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」
 1号出口すぐ、JR環状線「大阪城公園」から徒歩5分、JR環状線・東西線「京橋」から
徒歩10分)
■チケット:平日 S席11500円 A席8000円
       土・日 S席12500円 A席9000円
 全席指定・税込※未就学児は入場不可
■問合せ:
イオン化粧品 シアターBRAVA!
TEL.06-6946-2260(10時~18時) http://theaterbrava.com/  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 11:41Monthly Push Up!~マンスリー プッシュアップ!~

2011年06月01日

【シティライフインタビュー】6月号 程一彦さん

中華料理研究家(宝塚市在住)
程 一彦さん





朝、コップ1 杯の水を
飲むことから始めましょう



おなじみの艶やかな、まあるい笑顔で、
子どもや女子大生の講師を務めると、
「超かわいい!」と、声がかかる。
この3 0 年、自らの体を実験台にして、
薬膳を中心に、健康と食事の関係を研究。
シミ・シワのない美肌はその結果なのだ。
秘訣は… 朝の1杯の水、ひと口3 2 回噛む、
そして、全日本お台所に鏡1 枚運動。
おでこに横シワを刻み、笑顔で料理をという
程さんならではの養生訓である。




外科医のメスにあこがれて、実は、
料理が大嫌いだった”中華の鉄人“


―料理界に入る
きっかけは?

 僕は日本人の父と台湾人の母とのハーフで、僕が
小学校2年生のときに両親が大阪で台湾料理の店
を開いたんです。6人きょうだいの長男で男一人。職
業選択の余地はなかった。学校から帰って勉強した
ら、親におこられましたよ。「店で皿洗いせぇ」
言うてね。本当は子どもの頃から一番な
りたかったのは外科医で、次が新聞記者、
弁護士。店を継いでからも、天職はほかにあ
るはずやと思い悩んで、料理人でありなが
ら、僕は料理が大嫌いやった。当時からテ
レビにも出ていましたが、暴飲暴食の限りを
尽くし、体はボロボロ。胃潰瘍、十二指腸潰瘍で薬
品とサプリメントにどっぷり漬かっていました。
 料理が天職と思えるようになったのは40歳を過
ぎた頃。親子喧嘩の末、店を飛び出したとき、尊敬
する外科医の先生に言われた。「君は職場放棄した
そうだが、プロ意識はないのか。おれが手術中にメ
スを置いたら患者さんは死んでしまう。メスも包
丁も一緒やないか」と。そのとき、目からウロコが落
ちたんです。


食事と健康の関係を極め
薬膳の世界のオンリーワンに

―料理で人々を健康に、
元気にしようとされた…

 そうですね。和・洋・中という世界3大料理の
中で、中国料理は唯一、食事と健康の関係を「薬食
同源」「医食同源」などと体系化し、実践していること
に気づいたんです。だったら、この分野を極め「オンリ
ーワン」になろうと。薬膳については、まだ、あまり
知られていなかったので、自分の体で試しながら、
楽しんで研究しました。もともと勉強は大好き
だし、分からないことは医者になった妹に、医学
的根拠などを聞きました。例えば、食品はバラン
スよく食べなさいと言いますが、具体的なことは
誰も分かっていない。そこで僕は原点に戻り、歯に
注目した。人間の歯は32本。歯並びは犬歯4本、
切歯8本、臼歯20本。つまり雑食の人間は、肉類
1に対して、野菜、果物、穀物は3、4倍摂りなさ
いということだと気づいた。さっそく僕は、野菜を
たくさん食べ、ひと口で噛む回数を歯の本数に
合わせて32回にした。すると体重は8キロも落
ち、胃潰瘍も十二指腸潰瘍も治りました。
 いま73歳ですが、顔にも体にもシミが無い。赤
血球が多いので年中、肌着要らずの健康体です。



次代を担う子どもたちに伝える
「程さんの健康養生訓十箇条」


―それにしても、
近年の食生活の乱れが気になります

 「食」に関しては、日本は明らかに悪い方向に向
かっています。このままいくと、次の世代の寿命は、
めちゃくちゃ縮むでしょう。でも、食生活の素晴
らしいところは、ちょっと心をかければ、必ず結
果が出るということ。薬膳の理論に僕の経験を
合わせた「健康養生訓十箇条」(別欄)。①の
朝、コップ1杯の水を飲む、これだけでも3ヵ月続ければ
変わります。便秘症が治り、おならもウンチも臭
くなくなる。水洗トイレにウンチが浮かべば食物
繊維が足りている証拠(笑)。簡単でしょ? 薬膳
の基本は、元気な食材を選び、ベストな形でいただ
くことに尽きます。
 僕の今後の目標は、カッコいいおじいさんになっ
て、これまで研究したことを次世代に手渡し、健
康の伝道師になること。インスタント食品でもひ
と手間加える、親子一緒に料理や食事をする…。
小さな工夫の積み重ねが20年後、30年後には
大きな違いになります。「もう遅い」ではなく、今
からでも心がけましょう。

〈取材を終えて〉 程さんのお宅では、広いベランダに、
ネギやハーブが植えられた鉢がいっぱい。「野菜は皮をむ
かず亀の子タワシで洗う」「ネギは水に晒したらダメ」と
目からウロコのお話。全部ご紹介できないのが残念!


文/渡部せつ子 写真/岸隆子

【Profile】
てい・かずひこ 1937年大阪府生まれ。本名=根本一彦。灘高校、関
西学院大学卒業。台湾・香港で料理修業後、両親が開いた台湾料理「龍
潭(リュータン)」(2010年閉店)の2代目オーナーシェフとなる。一方、
「薬膳」の第一人者として、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・講演などで、食と
健康の関わりを分かりやすく解説し、人気者に。子どもの「食育」にもい
ち早く着目し、親子や子ども向けの料理教室に力を入れている。震災の炊き出しなど
ボランティア活動でも知られ、宝塚市大使、若狭おばま市大使、日本レスキュー協
会理事、大阪スローフード協会顧問、日本中国料理協会顧問などを務める。自宅で
「程一彦中国料理教室」を主宰。



「程さんの健康養生訓十箇条」
1  朝、まずコップ1杯の水を飲む
2  薬膳は水血気のバランス
3  腹八分目で朝食を
4  1日38種類以上の食品を食べる
5  食品のバランスは肉類が1に対して
  野菜果物穀物は3~4倍
6  全日本ひと口32回噛む会
7  全日本ビン入り低温殺菌牛乳普及会
8  全日本お台所に鏡1枚運動
9  お風呂の中で両手をグー・チョキ・パー体操
10 寝て腹式呼吸と時計回りにおなかを
  5~10分なでる

シティライフの紙面はこちら>>
  


Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 11:13シティライフインタビュー