シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ

2011年09月01日

【Monthly Push Up!】吉田鋼太郎さん

face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!

「大人の方にこそ観て欲しい
大人の恋愛物語です」


俳優
吉田鋼太郎さん

―鬼才・蜷川幸雄氏が演出・監修を務める「彩の国シェイクスピア・シリーズ」。
第24弾『アントニーとクレオパトラ』で主役を演じる、吉田鋼太郎さんにお話しを伺った。



 紀元前40年のローマ帝国。カリスマ的なロー
マの武将アントニーが巨大な権力と名声を犠牲
にしてまで、エジプトの女王クレオパトラに愛を
ささげる物語。政治と情熱に突き動かされた
悲劇の主人公アントニーを演じるのは、舞台はも
ちろん、映画、TVドラマでも活躍中の吉田さ
ん。これまでにもシェイクスピア作品に多数出演
されてきたが、「アントニーは最も人間臭い主人
公。かつての英雄の面影もなく堕落し、愛する
女性におぼれていく、弱く情けない人物です」
と、その役どころを語る。「そこがシェイクスピ
アの面白いところ。歴史上の偉人たちが抱える
苦悩や弱さは、現代の私たちにも通じるもの。
敷居が高いイメージですが、実はとても身近で
共感できるテーマなんです」と吉田さん。そして、
蜷川氏の演出について「限りなく原典に近くダ
イナミック。その分、作品が持つ本質やエッセン
スを色濃く感じることができるはず」と話す。

 「彩の国シェイクスピア・シリーズ」は、ヨーロッパや
N.Y.など世界で上演されてきたが、今回初
の韓国公演も決定。国内はもちろんのこと、まさに
世界中のファンが楽しみに待つ、第一級の舞台が
幕を開ける。「ドロドロで、可愛くて、情けなくて、
哀しい…大人の恋愛の物語。若い方はもちろん、
僕らのような世代の大人も観て欲しいですね」
と吉田さん。古典作品が持つ深い味わいと、
実力派俳優が描き出す極上の人間ドラマは、
観る人の心を満たしてくれるに違いない。

文/山下満子  写真/岸隆子

マイク編集部voiceマイク
 渋くて強面な役どころの多い方ですが
特技(!?)の関西弁で話したりと、
ご本人はとても愉快でチャーミング!
“ 大人の魅力”に惹き込まれました。

【公演情報】
彩の国シェイクスピア・シリーズ第24弾
Ninagawa×Shakespeare アントニーとクレオパトラ

■日時:10月28日(金)~10月31日(月)
■場所:イオン化粧品 シアターBRAVA!(地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」
1号出口すぐ、JR環状線「大阪城公園」から徒歩5分、JR環状線・東西線「京橋」から
徒歩10分)
■演出:蜷川幸雄 
■出演:吉田鋼太郎、安蘭けい ほか
■チケット:S席12,000円 A席9,500円(税込・全席指定)
 ※未就学児は入場不可
■チケット販売中:グリークス TEL.06-6966-6555、
 梅田芸術劇場窓口、イオン化粧品 シアターBRAVA!窓口 ほか
■問合せ:梅田芸術劇場 TEL.06-6377-3888




舞羽美海さん
柳楽優弥さん
濱田めぐみさん
山田まりやさん
鎌苅健太さん
北村有起哉さん
 舞羽美海さん (2012-05-31 20:10)
 柳楽優弥さん (2012-04-25 15:06)
 濱田めぐみさん (2012-03-29 21:51)
 山田まりやさん (2012-02-28 00:00)
 鎌苅健太さん (2012-01-31 00:00)
 北村有起哉さん (2011-12-27 00:00)