シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ

2011年09月29日

ケラリーノ・サンドロヴィッチさん

【Monthly Push Up!】
face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!

「情けなくて哀しくて可愛い
そんな男たちの物語。」


劇作家、演出家、ミュージシャン
ケラリーノ・サンドロヴィッチさん
根強いファンを持つ、劇団「ナイロン100℃」。
10年の時を経て再演が決定した『ノーアート・ノーライフ』について、
作・演出を手掛けるケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)さんにお話しを伺った。



 時は70年代。パリのカフェに夜な夜な集う、日本から留学してきた「自称芸術家」たち。
ある者はヒモ同然の生活を送り、ある者は犯罪で生計を立て、それでも創作活動を続けんとする男たちの、どうしようもない人間模様―『ノーアート・ノーライフ』は、男たちの雑談で繰り広げられる
シチュエーション・コメディーだ。
そして、彼らの可笑しくも情けない生き様を通して、
『才能と世の中の折り合いについて』という普遍的なテーマが突きつけられていく。
「必ずしも良いものが世の中に認められ、売れるとは限らない。
道半ばにして挫折する人、表舞台から消えていった人が、〝劣っている〞かと言えばそうじゃない」と語るKERAさん。
音楽、演劇、映画など、多彩な分野で活動する1人の表現者として、「常に問いかけてきたテーマ」だという。そこには芸術に生きようとあがく者たちへのシニカルかつ優しい視線と、「冨や名声だけが価値あるもの」という世の中の〝おかしさ〞への、鋭い視線を投げかける。

 今回、10年ぶりとなる再演だが、脚本をはじめ、みのすけ、三宅弘城、大倉孝二、温水洋一といったキャストにもほとんど変更はないそう。
「10年という歳月を重ねてきた俳優陣たちの人間味が、この作品の可笑しさと哀しさをさらに深めていくでしょう。それは、演出家としての楽しみでもありますね」。
絶妙な会話劇の面白さの中に潜む深いテーマ…
『ナイロン100℃』ならではのナンセンス・コメディーを、ぜひご堪能あれ。

文/山下満子  写真/岸隆子

【Profile】
1963年1月3日、東京生まれ。
’82年にニューウェーブバンド「有頂天」を結成し、並行して犬山イヌコ、みのすけらと劇団健康を旗揚げ。解散後ナイロン100℃を始動。
ミュージシャン、劇作家、脚本家、演出家、映画監督、俳優など多彩な顔を持つ。’99年「フローズン・ビーチ」で第43回岸田國士戯曲賞を受賞するほか、数々の演劇賞を受賞。

マイク編集部voiceマイク
淀みない語りと笑いを誘うお話しに、一気に引き込まれました。
独特の雰囲気と鋭い視点に、作品への期待も高まります!

【公演情報】
ナイロン 100℃ 37th SESSION  ノーアート・ノーライフ
■日時:12月10日(土)~12月11日(日)
 10日:13時、18時 11日:13時 
■梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ(阪急「梅田」茶屋町口から徒歩3分、
JR「大阪」御堂筋口から徒歩8分、地下鉄御堂筋線「梅田」1号出口から徒歩5分)
■作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
■出演:みのすけ、三宅弘城、大倉孝二、廣川三憲、吉増裕士、
 喜安浩平/温水洋一、山崎一
■チケット発売中:前売・当日共6900円
 (全席指定・税込)
■問合せ:梅田芸術劇場 TEL.06-6377-3888
 http://www.umegei.com/




舞羽美海さん
柳楽優弥さん
濱田めぐみさん
山田まりやさん
鎌苅健太さん
北村有起哉さん
 舞羽美海さん (2012-05-31 20:10)
 柳楽優弥さん (2012-04-25 15:06)
 濱田めぐみさん (2012-03-29 21:51)
 山田まりやさん (2012-02-28 00:00)
 鎌苅健太さん (2012-01-31 00:00)
 北村有起哉さん (2011-12-27 00:00)