シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ

2011年12月27日

北村有起哉さん

face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!


「僕らネコたちの珍道中を
ぜひ楽しんでほしい」


俳優
北村有起哉さん
きたむら ゆきや

―演出家・長塚圭史氏が挑む、初めての井上ひさし戯曲、そして、
初めてのミュージカル『十一ぴきのネコ』。
期待が高まる本公演について、主人公・にゃん太郎を演じる北村有起哉さんにお話しを伺った―




 家もお金も仕事もなく、いつもお腹を空かせている野良ネコにゃん太郎。
ところがある日、とても個性的な野良ネコ仲間と出会う。
そして十一匹のネコたちは、空腹を満たすために大きな魚を求めて大冒険の旅に出る̶̶。
 『十一ぴきのネコ』は、日本を代表する劇作家・井上ひさし氏の初期の作品であり、
馬場のぼる氏の同名絵本を題材にしたミュージカル戯曲だ。
演出を手掛けるのは、現代演劇の担い手と謳われる長塚圭史氏。
新たによみがえる名作に、今、大きな期待が寄せられている。
 「舞台装置や衣装などの演出はこれから創り上げていくところ。
一体どんな舞台になるのか、ワクワクしています」と北村さん。
井上作品5作目の出演となる北村さんだが、
「ネコを演じるのは生まれて初めて」と笑いながらも、
「一言一句、井上さんが描いた美しい日本語を守りつつ、どう僕らの表現をしていくのか・・・
挑戦でもあり、また楽しみ」と、熱い想いを語る。
そのほか、山内圭哉さんや勝部演之さんなど、個性豊かな〝11匹のネコ〞が集結。
「エネルギッシュで最強のチーム」と意気込みも十分だ。
「登場するのはネコだけど、物語にはとても深いテーマが潜んでいる。子どもたちにとって
も楽しい舞台だし、大人の方にも見応えのある舞台になるはず」と北村さん。
井上氏と長塚氏のふたつの〝才能〞の出会い、そして、個性・実力を備えた俳優たちが
創り出す新しい世界に、目が離せない。

文/山下満子  写真/岸隆子

【Profile】
1974年4月29日生まれ。
‘98年、舞台『春のめざめ』と『カンゾー先生』
にて同時デビュー。その後、舞台、映画、TVと幅広く
活動する。主な舞台にいのうえひでのり
演出『メタルマクベス』、栗山民也演出『CLEANSKINS
/きれいな肌』など。井上作品では
『小林一茶』『私はだれでしょう』などに出演。

【公演情報】
東京で行われる『井上ひさし生誕77フェスティバル2012』(2012年1月~)と関連し、大阪でも井上作品が登場!
「十一ぴきのネコ」 子どもとその付添いのためのミュージカル
■日時:2012年2月11日(土祝)~12日(日)両日共12時・17時
■場所:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
 (阪急梅田駅茶屋町口から徒歩3分、JR大阪駅御堂筋口から徒歩8分、
 地下鉄御堂筋線梅田駅1号出口から徒歩5分)
■作:井上ひさし 演出:長塚圭史
■出演:北村有起哉、山内圭哉 ほか
■チケット発売中:前売一般7,800円
 学生席(高校生以下、入場時要学生証)4,800円(全席指定・税込)
 ※未就学児は入場不可
■問合せ:イオン化粧品 シアターBRAVA! TEL.06-6946-2260
 http://theaterbrava.com/


絵:和田誠



舞羽美海さん
柳楽優弥さん
濱田めぐみさん
山田まりやさん
鎌苅健太さん
松居慶子さん
 舞羽美海さん (2012-05-31 20:10)
 柳楽優弥さん (2012-04-25 15:06)
 濱田めぐみさん (2012-03-29 21:51)
 山田まりやさん (2012-02-28 00:00)
 鎌苅健太さん (2012-01-31 00:00)
 松居慶子さん (2011-11-29 00:00)