シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ

2012年01月31日

鎌苅健太さん

face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!

「家族へ、友人へ、恋人へ―
いろんな愛に溢れた作品です」


俳優
鎌苅健太さん
かまかりけんた

―芸人・長原成樹の自伝小説『犬の首輪とコロッケと』が待望の映画化!大阪・生野を舞台に
繰り広げられる〝真実の物語〞、その主役を演じる鎌苅健太さんにお話しを伺った―


 A B C テレビ『探偵!ナイトスクープ』のレポーターをはじめ、
芸人、役者として活躍中の長原成樹さん。
自伝小説『犬の首輪とコロッケと ―セイキとズイホウの30年』は、
札付きのワルから笑いの世界に飛び込むまでの、優しくも痛々しい、
超リアルな物語だ。舞台は昭和のディープな大阪・生野。
主役・セイキを演じるのは、若手注目株の鎌苅健太さん。〝他人の人生
を演じる〞という難しい役どころについて、「著者であり監督である成樹さんと
正面から向き合い、じっくりと話し合いを重ねた」と鎌苅さん。
「この作品には成樹さんの半生があり、そこには親や友人、恋人との、
さまざまな愛情が溢れています。そして、どんな苦難にもくじけず、
前に進む強さがある。役を演じることで、たくさんのことを学ぶことができました」と話す。
「どのシーンも思い入れがある」という鎌苅さんだが、少年院を出たセイキを迎える、
父親役・山口智充さんとのひとコマは格別だという。「父親のさまざまな苦労や想いが
表情だけで伝わってきて…すごい役者さんだと感じました」と語る。
そのほか、ケンカ相手・ヤマト(中村昌也)との万感の想いを込めた殴り合いのシーンなど、
「一つひとつが熱く心を打つ」という。「人の人情が厚かった昭和という時代…大切な人への
想いを再確認できる映画です」〝大阪のしょーもない不良が、大人に変わるまでの真実の物語〞
―ぜひ大切な人と一緒に観て欲しい。

文/山下満子  写真/岸隆子

【Prpfile】
1984年2月17日、大阪生まれ。
2005年、舞台『THE☆SUSAIKU』
の上杉真治役で俳優デビュー。
同年ミュージカル『テニスの王子様』
The imperial Match 氷帝学園・宍戸亮役で人気を博す。
その後、TVドラマ、舞台、映画、バラエティなど幅広い分野で活躍する
ほか、アニメ声優、MCとしても才能を発揮。

icon26編集部voiceicon26

【上映情報】
「犬の首輪とコロッケと」
■原作・監督:長原成樹
■出演:鎌苅健太、ちすん、中村昌也、宮下雄也(RUN&GUN)、池田純矢 ほか
1月28日(土)より、梅田ブルク7/MOVIX京都/109シネマズHAT神戸、他にてロードショー

©2011「犬の首輪とコロッケと」製作委員会



舞羽美海さん
柳楽優弥さん
濱田めぐみさん
山田まりやさん
北村有起哉さん
松居慶子さん
 舞羽美海さん (2012-05-31 20:10)
 柳楽優弥さん (2012-04-25 15:06)
 濱田めぐみさん (2012-03-29 21:51)
 山田まりやさん (2012-02-28 00:00)
 北村有起哉さん (2011-12-27 00:00)
 松居慶子さん (2011-11-29 00:00)