シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ

2012年02月28日

山田まりやさん

face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!

「往年のファンから若い世代まで
心から楽しめる舞台です!」


女優・タレント
山田まりやさん


―こまつ座の第九十六回公演は、過去何度も再演を重ねてきた井上戯曲の名作『雪やこんこん』。
今回、13年ぶりの公演となる本作に出演する、山田まりやさんにお話しを伺った。


 時代は昭和二十年代の終わりの十二月中旬。
場所は北関東のとある湯治場の旅館が経営する芝居小屋の「湯の花劇場」。
大衆劇団「中村梅子一座」が繰り広げる心あたたまる人情芝居『雪やこんこん』
は、’87年の初演以来、市原悦子や宮本信子など実力派俳優たちによって
幾度も再演されている名作だ。
今回、主役・中村梅子を演じるのは、テレビでも大活躍中の高畑淳子。
山田さんは、一座の座員役で出演する。「井上作品の魅力は、何といっても言葉
の表現」と山田さん。
「例えば〝私は貧乏で〞と言い表すときに〝季節がきたって初物(はやり)の秋刀魚一匹
ろくに食えねえような俺だが〞と表現する。情景や人の気持ちを美しく豊かに伝える
台詞の数々は、観る人の心を舞台へと引き込んでくれるはず」と話す。
 「舞台が大好きなんですが、昔は声がコンプレックスだったんです」
と山田さん。そんな時、大女優・森光子さんに「滑舌も声もいいよ」と
褒められたことで、舞台出演に自信がついたそう。今回、老舗・こまつ座への出演が
決まり「期待で胸がワクワクしています!」と、意気込みも十分だ。
「舞台は演者だけのものじゃなくて、お客様と一緒に創り上げていくもの。
長年愛され続けている名作を、ぜひ私たちと一緒に楽しんで欲しいです」と山田さん。
宝石のような名台詞、観客を惑わすどんでん返し―
『これぞ舞台の醍醐味』を、思う存分味わって欲しい。

文/山下満子  写真/岸隆子

【Profile】
1980年3月5日、愛知県生まれ。
タレントとして幅広く活躍する一方、
2000年より、20本の小劇場から
商業演劇まで幅広いジャンルの
舞台に出演。月10本の芝居
観劇をし、近年は年間5本の
舞台をこなすなど、女優として
精力的に活躍中。主な舞台に
『雪まろげ』『おもろい女』
『キル』『しとやかな獣』など。

マイク編集部voiceマイク
テレビでの印象そのままにとってもキュートで明るい方!
舞台について丁寧に語ってくださる姿に、
情熱と意気込みを感じました。

【上演情報】

こまつ座 第九十六回公演「雪やこんこん」
■日時:3月16日(金)19時・17日(土)13時
■場所:森ノ宮ピロティホール(JR大阪環状線「森ノ宮駅」から徒歩5分、
地下鉄 中央線・長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」2番出口から徒歩2分)
■作:井上ひさし 演出:鵜山仁
■出演:高畑淳子・金内喜久夫・今拓哉・村田雄浩・山田まりや ほか
■チケット:7,500円(全席指定・税込)※未就学児は入場不可
■問合せ:キョードーインフォメーション
 TEL.06-7732-8888(10時~19時)
 http://www.kyodo-osaka.co.jp/



舞羽美海さん
柳楽優弥さん
濱田めぐみさん
鎌苅健太さん
北村有起哉さん
松居慶子さん
 舞羽美海さん (2012-05-31 20:10)
 柳楽優弥さん (2012-04-25 15:06)
 濱田めぐみさん (2012-03-29 21:51)
 鎌苅健太さん (2012-01-31 00:00)
 北村有起哉さん (2011-12-27 00:00)
 松居慶子さん (2011-11-29 00:00)