シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ
シティライフ「エンターテインメント」 › シティライフインタビュー › 【シティライフインタビュー】4月号 口笛 太郎 さん

2012年03月29日

【シティライフインタビュー】4月号 口笛 太郎 さん

口笛奏者、音楽プロデューサー
口笛 太郎 さん



みんなで口笛を吹けば
幸せがいっぱいに


「口笛太郎」とは、口笛という「楽器」の
未来を背負って立つ、代表者として、
仲間から託された名前なのだという。
東京は多摩川の河川敷で、撮影の合間に、
ビートルズナンバーを聴かせてもらった。
ヒュルヒュルと転がるような澄んだ音が、
太郎さんの口からあふれ出てくる不思議― 。
CD『PlaysBeatles』が話題沸騰中の、
口笛太郎さんに、口笛の魅力をうかがった。

3オクターブの音域をもつ
口笛という「楽器」


――口笛を吹き始めた経緯からお聞かせください。
僕が小学校3、4年生の頃、兄がいつも口笛を吹いていて、それを真似たのが始まりです。
高槻の田舎で育ち、原っぱとか淀川河川敷とか、遠慮なく吹ける場所がいくつもあったので、すごく大きい音、高い音、低い音、舌や唇で変化をつけた音…と口笛で一日中遊んでいました。
本当はピアノを習いたかったんですが、小指が短すぎて難しいと言われ、その悔しさもあったのでしょうね。口笛はどんどん上達して6年生のとき、音楽の時間に聴かされたレコードの口笛より「僕のほうが絶対うまい」と確信。
先生に話したら、吹いてごらんと。吹いたら「本当にうまい!」とほめられ、そのとき「口笛は僕の大切な楽器」と自覚しました。
3オクターブの音域と、音の大きさには、少々自信を持っています(笑)。
僕は学生時代、受験勉強をほとんどせずに遊べるだけ遊んでいました。中学ではギター小僧、大学ではビッグバンド…口笛の自由な音色の影響か、とにかく明るく楽しく生きるというスタイルは、あの頃にできた気がします。

口笛とギターのライブから
プロ奏者としてデビュー


―趣味の口笛吹きから一躍、プロ奏者になられたのは?
大学卒業後は音楽関係の会社に勤めていたんですが7、8年前、たまたまテレビ番組の音楽を制作している人と仕事で出会い、ドラマ「子連れ狼」などのBGMの口笛を引き受けることになったんです。
やってみると、けっこう高い評価を受け、会社勤めのかたわら、休日の音楽活動が恒例の生活になりました。
ギターの大里和生さんとカフェで、「口笛とギターの週末ライブ」を始めると、レコード会社の人から「CDを出しませんか」と誘われてびっくり。実は、僕も音楽関係の人間で、新人に「CDを出しませんか」とさんざんやってきたのに、自分が言われると、こんなにも緊張するものかと(笑)。こうして’07年に初めてのCDが出て、それをきっかけに日本中の口笛愛好家との交流が始まりました。
口笛の魅力は何といっても、自由で豊かな気持ちになれること、心が優しく癒されること。
JR高槻駅前を歩く人がみんな口笛を吹いていたら…なんて想像するだけでも幸せな気分になりませんか?お子さんもお年寄りも気軽に取り組める、こんな凄い「楽器」は他にないと思いますね。



口笛太郎Duoが奏でる
ビートルズの名曲がCDに


―「プレイズ・ビートルズ」が話題になっていますが、
今後の活動についてお聞かせください

今年はビートルズのデビュー50周年。ビートルズ初来日の年に生まれ、ビートルズサウンドでロックに目覚めた僕としては、ビートルズの名曲をカバーするアルバムのリリースは感慨もひとしおです。
今後はベートーベンなどのクラシック音楽や伝統音楽にも挑戦して、口笛という楽器の可能性を、もっともっと拡げたい。
ただし、僕の最終目標はCD制作やお金ではありません。僕の夢は、会社の休日を利用して地方を巡り、小さな会場で、みんなで口笛を一緒に吹く。そして地元の人とうまいご飯を食べ、うまいお酒を飲み、語り合い、1人でも多くの人に口笛の魅力を知ってもらうこと。被災地にも通っていますが、口笛でその土地、土地に幸せを届けることができれば。
最近は同級生が亡くなったこともあって、自分だっていつ人生が終わるか分からないと本当に思いました。
だったら、やりたいことを目いっぱいがんばって楽しく生きたい。目標は「幸せ」です。

〈取材を終えて〉 
取材は、口笛太郎さんがライブを開催し
てデビューにつながった、世田谷区玉川の「カフェフーケ」で。
確かに太郎さんの小指はかわいらしくて、私の小指の半分ほどでした。
太郎さんを口笛奏者に導くための神の配剤かも!?


文/渡部せつ子 撮影/比嘉研一郎
取材協力/カフェフーケ(東京都世田谷区/玉川高島屋S.C本館1F)

【Profile】
くちぶえ・たろう 1966年高槻市生まれ。
小学校低学年から口笛を吹き始め、高学年でウォーブリングというテクニックを習得、口笛を自らの楽器と認識する。
大学卒業後は会社員として働きながら休日に音楽活動を継続。テレビ朝日系ドラマ「子連れ狼」、NHK「関口知宏の中国鉄道紀行」などの番組音楽の口笛を担当し高い評価を受ける。
07年、口笛太郎Duoとして1stアルバム『風とギターケース』をリリース、話題を呼ぶ。
10年には2ndアルバム『ジブリとギターと口笛と。』を、今年2月には3rdアルバム『PlaysBeatles』をリリース。
日本口笛奏者連盟創設に参画し、現在理事。
http://home.m00.itscom.net/kuchibue/


2012年2月7日発売
「Plays Beatles」口笛太郎Duo 
イエスタデイなど16曲収録 1,995円

ビートルズの名曲を口笛とギターでカバー。
アマゾンほか口笛太郎さんのHPからも購入できる。



同じカテゴリー(シティライフインタビュー)の記事画像
【シティライフインタビュー】5月号 筧 利夫 さん
【シティライフインタビュー】2月号 正司照枝さん
【シティライフインタビュー】1月号 Skyさん
【シティライフインタビュー】12月号 上田正樹さん
【シティライフインタビュー】11月号 松尾貴史さん
【シティライフインタビュー】9月号 石野真子さん
同じカテゴリー(シティライフインタビュー)の記事
 【シティライフインタビュー】5月号 筧 利夫 さん (2012-05-31 20:12)
 【シティライフインタビュー】5月号 桜 稲垣早希さん (2012-04-27 00:00)
 【シティライフインタビュー】3月号 友近さん (2012-02-28 00:00)
 【シティライフインタビュー】2月号 正司照枝さん (2012-01-31 00:00)
 【シティライフインタビュー】1月号 Skyさん (2011-12-27 00:00)
 【シティライフインタビュー】12月号 上田正樹さん (2011-11-29 00:00)

Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 21:29 │シティライフインタビュー