シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ

2012年04月25日

柳楽優弥さん

face02いま話題のアノ人に編集部が会ってきました!

「初舞台への不安を期待に変え
精一杯ぶつかっていきます」


俳優
柳楽優弥(やぎら ゆうや)


世界的ベストセラーとなった村上春樹の小説『海辺のカフカ』が、
日本演劇界を牽引する蜷川幸雄の演出によって遂に舞台化。
本作が舞台初挑戦となる、主演・柳楽優弥さんにお話を伺った。


 「世界で最もタフな15歳になる」ことを決意し、家を出る主人公の「僕」。旅の中で、父親にかけられた〝呪い〞に向き合うことになる。一方、猫と会話のできる不思議な老人ナカタさんは、迷い猫の捜索がきっかけで長距離トラックの運転手・星野と共に四国に向かう。それぞれの物語は、いつしか次第にシンクロし…。世界的に名高い『海辺のカフカ』を原作にした今回の舞台は、日本人演出家による村上作品の初の舞台化として多くの話題を呼んでいる。舞台初挑戦にして主人公を演じる柳楽優弥さんは、「厳しい蜷川さんから芝居を学ぶ絶好のチャンス。稽古が始まるのが楽しみ」と、意気込みの大きさを語る。

 原作について「難しい作品ですね」と柳楽さん。「カフカの心情を掘り下げながら読むのはエネルギーが要るので、なかなか進まなくて(笑)」。ご自身もバックパックをかついでロサンゼルスを旅し、1泊15ドルの安ホステルに泊まったのだそう。「眠れないほどの不安や緊張感、心細さは、カフカの気持ちに通じるようだった」と語る。愚直なまでに真摯に取り組む姿勢を貫きながらも、「いろんなことを体験し、学び、役者として変化していきたい」という前向きな想いが伝わってくる。大好きだというアインシュタインの名言『人間の真の価値は、自己からの解放の度合いによって決まる』になぞらえ、「枠に縛られたくない」と語る柳楽さん。
今回、注目の舞台で、〝新しい柳楽優弥〞に出会えるはずだ。

文/山下満子  写真/岸隆子

【Profile】
1990年3月26日生まれ。映画「誰も知らない」(是枝裕和監督)の演技が評価され、04年カンヌ国際映画祭時14歳で、史上最年少、日本人初となる最優秀男優賞を受賞。以後、「星になった少年」(河毛俊作監督)、「包帯クラブ」( 堤幸彦監督)、TBS「LADY~最後の犯罪プロファイル」等、映画、テレビで活躍。舞台への出演は本作が初となる。

マイク編集部voiceマイク
役者としてスキルアップしたいと話す表情は、まさに精悍。
今後のご活躍がますます楽しみです!

【上演情報】

海辺のカフカ 
■上演日: 6月21日(木)~24日(日) 全5回
■上演時間: 6月21日(木):18時30分~、 6月22日(金):13時~、 
6月23日(土):13時~、18時~、 6月24日(日):12時~
■場所: イオン化粧品 シアターBRAVA(! 地下鉄長堀鶴見緑地線「大阪ビジネスパーク」1号出口すぐ、JR環状線「大阪城公園」から徒歩5分、JR環状線・東西線「京橋」から徒歩10分) 
※未就学児のご入場はご遠慮下さい。
■原作: 村上春樹 演出:蜷川幸雄
■出演: 柳楽優弥、田中裕子、長谷川博己、柿澤勇人、佐藤江梨子、高橋努、鳥山昌克、木場勝己ほか
■チケット: 全席指定11,500円(税込)
■チケット販売中:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、劇場窓口ほか
■問合せ: イオン化粧品 シアターBRAVA!
 TEL.06-6946-2260(10時~18時)



舞羽美海さん
濱田めぐみさん
山田まりやさん
鎌苅健太さん
北村有起哉さん
松居慶子さん
 舞羽美海さん (2012-05-31 20:10)
 濱田めぐみさん (2012-03-29 21:51)
 山田まりやさん (2012-02-28 00:00)
 鎌苅健太さん (2012-01-31 00:00)
 北村有起哉さん (2011-12-27 00:00)
 松居慶子さん (2011-11-29 00:00)