シティライフ「エンターテインメント」

ブログトップ
シティライフ「エンターテインメント」 › シティライフインタビュー › 【シティライフインタビュー】5月号 筧 利夫 さん

2012年05月31日

【シティライフインタビュー】5月号 筧 利夫 さん

俳優
筧 利夫 さん



観る人の心に人生を楽しくする
「何か」を残せたら嬉しい


ドラマに、映画に、バラエティにと、
幅広い分野で活躍中の筧さん。
今やその名を知らない人はいない―
そう言い切れる、日本を代表する役者の一人だ。
『飛び加藤~ 幻惑使いの不惑の忍者~ 』では、
伝説の伊賀忍者・加藤段蔵として舞台に立つ。
戦国の世を背景に、愛あり、笑いあり、涙あり、
イリュージョンありの斬新な舞台について、
役者としての想いを伺った。

戦国×忍者×手妻×LOVE!
斬新な舞台が幕を開ける


―――『飛び加藤〜幻惑使いの不惑の忍者〜』とは、どんな舞台なのでしょう
物語としては、戦から逃れ地道に生きようとする伝説の忍者が、ある少女と出会い過去の因縁に巻き込まれていき、再び自らの人生と向かい合っていくというもの。そこに「人魚姫」をモチーフにした切ないラブストーリーや日本古来の伝統的なマジックとも言える「手妻」がミックスされて、普通のお芝居にはない見所がたくさんあります。時代劇という古き良きものと、今風にアレンジされた派手な仕掛け…それらが融合された、とても楽しい舞台になるんじゃないかな。

演出を手がける河原雅彦さんは、最近では古典名作を手がけることが多いんだけど、そんな彼が一体どういう世界を描いていくか非常に楽しみなところ。僕自身も時代ものを舞台で演じるのは初めてだし、映像的な表現と演劇的な表現が融合されたとも言える本作は、役者としてぜひ挑戦していきたい要素でもあります。そういう意味でも、演じ甲斐がありますね。とにかく、見応えたっぷり、いろんな方に楽しんでいただける内容になるはずです。

大阪芸大時代から始まった
本格的な役者への道


―大阪芸大で演劇を学ばれたそうですが、いつ頃から役者になろうと思われたのですか?
中学校を卒業する時には、「将来は役者になりたい」って言ってましたね。特にきっかけというのはないんですが、普通の仕事には就きたくなくて…。それで大阪芸大に入りました。当時はどうやって役者になればいいか分からなくてね、大学を卒業すれば自動的に役者になれるもんだと思ってた(笑)。始まりはそんな単純な理由でしたが、在学中「劇団☆新感線」に参加し、本格的に役者として歩み始めたわけです。同期だった渡辺いっけいさんをはじめ、辰巳琢郎さん、生瀬勝久さんなど、たくさんの出会いもありました。

実は大阪との縁は深くて、子どもの頃は吉本新喜劇を観て育ちましたからね。住んでいた浜松でも毎週土曜日にテレビでやっていたので。だから”大阪の笑い”は僕の中にも相当入ってるんじゃないかなと思いますよ。公演でも大阪は昔からすごくて、舞台中にはどっかんどっかん笑ってくれるんですけど、アンケートには「面白くなかった」って書いてある(笑)。今回の大阪公演でも、どんな反応がいただけるか楽しみですね。



忘れかけていた気持ちを
思い起こさせる芝居を


―最後に、今後の目標や舞台への想いをお聞かせください。
演技や演出など、新しい表現への挑戦は今後もどんどんやっていきたいです。それと同時に、今回の舞台もそうですが、演劇にしろ映画にしろ、芝居を通じてお客様に「何か」を感じていただきたいということ。たとえば女性だったら、次の日の朝に食事をつくるのがウキウキするとか、男性だったら、家に帰って奥さんにちょっと気の利いたことを言うとか…そういう、普段忘れかけている気持ちを思い起こして、人生を楽しくするきっかけになってくれたらとても嬉しいですね。

映画館やサッカー競技場や球場などに足を運んで楽しむのは、普通にあると思います。そこに、芝居を観に劇場に足を運ぶこともぜひ加えて欲しいし、初めてそれを経験するには、笑い、涙、驚き、感動と、楽しい要素がいっぱいに詰まった本作は最適なんじゃないかと思います。ですから、ぜひ多くの方に、腰を上げて劇場に足を運んでいただきたいですね。あなたの心のマッサージ師・筧利夫が、癒しの時間をご提供します(笑)。

〈取材を終えて〉 
楽しくて面白いキャラクターが印象的な筧さん。
吉本新喜劇のくだりをお聞きし、なんだか納得です。演劇について語る真剣な表情と笑い話をする笑顔とのギャップがとても魅力的で、今回の舞台も絶対に面白い!そんな期待が膨らみました。


文/山下満子 撮影/岸 隆子

【Profile】
かけい・としお 1962年8月10日生まれ、静岡県浜松市出身。
大阪芸術大学在学中に「劇団☆新感線」に参加し、その後、鴻上尚史主宰の劇団「第三舞台」に所属。「幕末純情伝」などのつかこうへい作品をはじめ、ミュージカルや映画、テレビドラマなど幅広い出演経歴を持つ。また、「ZIP!」(NTV系)木曜パーソナリティとして出演中。役者以外の活動もこなせるオールラウンドプレイヤーとして活躍中。


飛び加藤 ~幻惑使いの不惑の忍者~
脚本:蒔田光治 演出:河原雅彦
日時:6月30日(土)13時・18時 7月1日(日)13時
会場:イオン化粧品 シアターBRAVA! (大阪市中央区城見1-3-2)
料金:全席指定8,800円(税込)
※未就学児の入場は不可
各プレイガイド(チケットぴあ・ローソンチケット他)、劇場窓口等で好評発売中



同じカテゴリー(シティライフインタビュー)の記事画像
【シティライフインタビュー】4月号 口笛 太郎 さん
【シティライフインタビュー】2月号 正司照枝さん
【シティライフインタビュー】1月号 Skyさん
【シティライフインタビュー】12月号 上田正樹さん
【シティライフインタビュー】11月号 松尾貴史さん
【シティライフインタビュー】9月号 石野真子さん
同じカテゴリー(シティライフインタビュー)の記事
 【シティライフインタビュー】5月号 桜 稲垣早希さん (2012-04-27 00:00)
 【シティライフインタビュー】4月号 口笛 太郎 さん (2012-03-29 21:29)
 【シティライフインタビュー】3月号 友近さん (2012-02-28 00:00)
 【シティライフインタビュー】2月号 正司照枝さん (2012-01-31 00:00)
 【シティライフインタビュー】1月号 Skyさん (2011-12-27 00:00)
 【シティライフインタビュー】12月号 上田正樹さん (2011-11-29 00:00)

Posted by 北摂・阪神の情報紙シティライフ at 20:12 │シティライフインタビュー